新旧抗ヒスタミン薬の副作用

0 Comment

第二世代の抗ヒスタミン薬は効果が発揮されるまでに時間がかかるため、花粉症などの予測が可能なアレルギーの場合に、症状が出る前に、花粉が飛び始めた日から前もって服用するという使い方が推奨されています。また第一世代の抗ヒスタミン薬は、薬が脳に移行しやすいため副作用として眠気が生じやすく、薬を飲んでからの自動車の運転は避ける必要がありますが、第二世代の薬は脳への移行率が低く、眠くなりにくいため服用後の自動車運転などに対する制限がないことも特徴です。さらに、第一世代の抗ヒスタミン薬は抗コリン作用も併せ持っているため、鼻水が止まらないような水溶性鼻漏には効果的ですが、口渇などの副作用が多く、前立腺肥大や緑内障を悪化させる危険があるため、こうした持病がある人に対しては第一世代の抗ヒスタミン薬は使用できないということも、薬剤師は注意する必要があります。