健康診断で感染症を調べる

0 Comment

そもそも感染症とはどんなものかというと、病気の原因となる微生物が体内に侵入して、それが繁殖しておこる病気のことをいうそうです。感染症はすべての臓器で起こる可能性があるそうです。臓器の形を見極める画像診断や臓器が機能しているかどうかを調べる整理検査などで感染症を診断するそうです。感染症の検査とうのは、病気の原因となっている病原微生物を見つけ出すということをするそうです。

存在を確認したりするのにも感染症の検査をするそうです。ウィルスの存在を確認する各種の抗体検査や細菌を特定する培養検査などがその代表といえるそうです。調べる検体というのは、血液、感染を受けた臓器の分泌物、尿、便、たん、髄液、胃液、膿などの体液などだそうです。もし病原微生物に感染したということでも、それがすぐに病気になるというわけではなかったりするそうです。病気にならない状態で体内に病原微生物が住み着いていたりするそうです。そういう人をキャリアと呼ぶそうです。将来発生する可能性もありますが、周囲の人への感染という危険もあるそうです。わたしたちの体内や粘膜、皮膚の表面にはたくさんの細菌や微生物がすみついているそうです。

これいを常在菌と呼ぶそうです。口の中には、多くの常在菌がいることが知られているかと思います。これは歯磨きをしてもなくなることはないそうです。また大腸内にもさまざまな菌がいるといいます。これらの菌が悪いことをするものばかりではないというのもよく聞く話だと思います。健康なときには微生物に対して抵抗力があるので感染というのことはしないそうですが、抵抗力や免疫がさがっていると感染することもあるそうでう。これを日和見感染というそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です