脳の機能的な異常を診断する

0 Comment

脳波検査というのは、脳の機能的な異常が疑われるときに脳波をとると、病気の診断だけではなくて、治療効果や予後の推定にも使えるそうです。脳を構成する神経細胞というのは、微弱な電気信号を出して日常生活の司令をしているそうです。頭皮に電極を貼って、この電気信号を記録するのが脳波検査だそうです。てんかん、失神、外傷、意識障害、脳死の判定などがわかるそうです。脳波検査は痛みや副作用というものはないそうです。リラックスして受けることが大切だそうです。乳幼児に関しては親か医療スタッフが付き添うことになるそうです。ベッドに寝て、頭に十数個の電極を付けてるそうです。安静時、覚醒時、閉眼時の記録を取るのだそうです。脳に光などの刺激を与える負荷脳波検査や薬で眠らせてから行うという方法もあるそうです。脳波検査は検査時間が長いそうなので、トイレに行っておいたほうがいいようです。電極を固定するためのペーストが、検査後に頭髪に多少残ることこともあるそうです。水に溶けるそうなので、家で洗えば落ちるそうです。密閉空間での検査ということで、閉所恐怖症の人は医師に申し出てほしいそうです。暗いところが怖い人も申し出たほうがいいかと思います。常用している薬はもちろん医師に伝えておく必要があるそうです。また睡眠薬も控えるようにした方がいいそうです。脳の検査として他には、脳のCTやMRI、PETがあるそうです。外部の電気信号を遮断したシールドルームということろで検査はおこなわれるそうです。最近ではポータブル型の脳波計もあるそうで、病室のベッドサイドでも検査が行えるようになったそうです。脳の検査のときはリラックスするように言われるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です