人間ドック健診時の感染症患者

0 Comment

多くの受診者を対象とする人間ドック健診では、受診者にひそんでいる感染症への対応が大切です。常にB型肝炎やC型肝炎など血液を媒体とする感染症に注意した採血作業などが行われています。しかし、受信日に受診者が何らかの感染症に感染している可能性があり、飛沫感染や空気感染でそれらが移ってしまわないようになど二次感染防止対策が必要になってきます。急性感染症には上気道炎や肺炎が該当します。支柱肺炎の原因の微生物としては肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ、ウイルスなど頻度が高くて、寒くなってくるとインフルエンザの感染症が多くなってきます。どれも発病してるときは発熱やつかれ、咳、たんなどの症状が出ることが多いです。慢性感染症でもっとも注意するべきなのは肺結核であり、人間ドック健診受診者への混在は絶対にないとは言い切れません。結核患者は減少してはいるものの0ではないため注意が必要になってきます。人間ドック健診は開放的な雰囲気の中で行われ、かつ快適に流れていくことが特徴的であります。急性呼吸器感染症は、その環境がとても蔓延しやすい環境ナタメ、ほかの受診者と職員の健康を害する危険性があるのであらかじめの対策が必要になってきます。病院管理者は医療法によって医療の安全を確保するための措置を講じることが義務付けられているため、労働安全衛生法によって職場の安全衛生管理体制の確立が求められています。結核は感染症法によって二塁感染症に分類されており、法律にのっとった対応が必要になってきます。感染予防対策委員会などによるマニュアルの作成や、安全衛生委員会などによる常時即対応の体制を確保しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です