人間ドック認定医

人間ドック健診は、日本独自の健康診断であるが、その診療においては健診による結果に基づいたしっかりとした説明、教育、指導がもっとも重要なことである。受診者の財産である健康を維持し、そして増進していくためには人間ドック健診担当医には国民に信頼された目の専門性が必要になってきます。これらのことから考え、日本病院会はより質の高い人間ドック健診を提供するということを目的とした人間ドック認定指定医という制度を立ち上げました。そしてそのあと、日本総合健診医学会は日本病院から独立して独自の制度を立ち上げました。一方日本人間ドック学会も独自に人間ドック認定指定という制度を続け、H18に人間ドック認定医制度というものに改名し、今でもその制度は続いている。日本の専門医制度は日本専門医機構を中心に改革が求められrているのでその新制度に対応するべくあたらしく人間ドック健診専門医という制度を立ち上げた。人間ドック健診は対策型健診とは異なり、任意型健診であります。つまり受診者のそれぞれの死亡リスクを下げることを目的としているので崇高な理念と疱疹が必要になります。またその認定は厳格である必要があり、さらにその質を向上していくためには資格の更新制度が必要であります。人間ドック健診専門医は国民の病気予防、健康の増進のために質の高い人間ドック健診を提供しなければなりせん。そのためにはその道のスペシャリストとして常に自身の向上に努めなければなりません。